先輩社員の声

VOICE

先輩社員の声

イメージ
平成20年4月年入社
工事部
HIROKI MAIGUMA
毎熊 洋起
「建築現場の現場監督」
これが私の仕事です。

私の仕事は現場の安全・工程・品質・原価管理等を主に行なうことですが、御施主様、設計事務所様との打合せにより設計図を元に御施主様の理想の建物を建てれるように現場の運営を行っています。現在は鉄骨造6階建てのテナントビルの建築現場の現場所長をしています。部下に2年目の係員がいますが、現場を進めながら今まで自分が学んできたこと、教えてもらってきたことを1つ1つ教えながら指導しています。私たち現場監督が工事に携わる職方さんたちが如何に無理なく仕事できるか、近隣の方からの不満がでないかを考えて、円滑に工事を進める道筋を作ることが私の仕事です。

この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

現場所長として初めて建物の引渡が出来たことです。
初めて現場所長になれたのは5年目の時でしたが、自分の現場が持てた時は本当にうれしかったことを覚えています。一歩一歩確実にスキルアップしていることを実感できました。今まで学んできたことを自分の考えで現場を納めながら進捗していきます。苦労はありますし、大変です。しかし建物が完成した時にはその苦労を忘れてしまうぐらいの達成感。最高の喜びがあります。家族にも友人にも完成した建物を指さして「あれ俺が建てたんだよ」と言える仕事です。この仕事を選んで本当によかったと今でも思います。

ズバリ!あなたがこの会社を選んだ理由は何ですか?

大学の学部長からの紹介、推薦で決めましたが、入社して約10年たった今でも後悔した事は一度もありません。
私の性格に合った職業と思いますし遣り甲斐のある仕事だと思っています。頑張れば任せてもらえる仕事も増えるし、若いうちから現場も任せてもらえる良い会社だと思います。
会社の心得の中に『困難な時はチームワークで立ち向かえ』とあるように親身になって助けてくれる仲間、上司がたくさんいる会社です。

入社してから現在までのキャリア(部署の異動等)について教えてください。

入社~現在 工事部で10年間勤務しています。

現在、就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします。

やりたい仕事、やり甲斐のある仕事ができる会社を就職活動の説明会等で聞き、体験して感じる事!そして、自分にあった仕事を見つけることが大事だと思います。やはりどんな仕事・会社に入っても2~3年目が一番きつい時期が来ると思います。
色んな会社の説明会に参加して自分がやりがいを感じ、受ける会社が見つかると良いですね。一生懸命悩んで決めてください。